ゼロヨントレードのノウハウを完全習得して、
最速でFXの世界を駆け抜けませんか?

ゼロヨンレーサーヒロの最速で利益を出すゼロヨントレードの実績をご覧ください

講師プロフィール

ゼロヨントレーダーヒロ
(おの やすひろ)

もっと収入を増やしたい!」
「FXで安定して勝ち続けたい!」
もし、あなたがそう思っているのなら、
「今回のセミナーが転機になるとお約束します

改めて、こんにちは。
ゼロヨントレーダーのヒロです。

さっそく本題へ入りましょう。

なぜ、僕はそんな約束ができるのか?

今回のセミナーでは、
僕自身が稼いでいる方法をそのままお伝えします。

これまで一切公開したことがありませんでしたが、
訳あってはじめて世に出すこととなりました。

僕の知る限り、今まで誰もやったことがない方法ではないかと思います。

恐らくあなたの常識をくつがえす話をしてしまうので、
もしかしたら気分を害してしまうかもしれません。

ですが、それくらいインパクトのある方法だからこそ、
あなたのトレードの転機にしてみせる自信もあります。

FXで稼ぐための目的や夢があり、

「もっと収益を増やしたい!」
「安定して勝てるようになりたい!」

と望むのであれば、このまま読み進めてください。

突然ですが、あなたは「ゼロヨン」とは
何か知っていますか?

「私の手法を語るにはここから話が必要なワケですが、
ゼロヨンとは
400メートルほどの直線距離を
停止状態から信号の合図でスタートし、
どちらが先にゴールするかを競うモータースポーツです。

0→400mでゼロヨンです。

オリンピックの100m競走の車版
と言ったらわかりやすいでしょうか。

ゼロヨンは本場アメリカでは「ドラッグレース」と言い、
野球のメジャーリーグと同じようにシーズン中は
ほぼ毎週テレビで放映されるほどの超人気モータースポーツなんです

僕はこのゼロヨンでプロドライバーとして活動していました。

2年連続で全日本チャンピオンになり、
世界タイ記録を出したりと自分で言うのもなんですが
実力はあると自負していました。

なのでアメリカで走り入賞すれば大手のスポンサーが付くだろうと…

しかし全米のレースで準優勝したにも関わらず
アメリカ大手のスポンサーは僕にスポンサードしてくれませんでした。

僕の実力を認めていながら…

アメリカの他チームがスポンサーから
潤沢な資金を与えられている状態に対し、
僕は日本からプライベートチームとして参戦…

当然僕の資金が底を付きアメリカでの
レース参戦ができなくなり途方に暮れていました。

「もうゼロヨンは諦めるしかないのか…」と。

それからしばらくしてアメリカでお世話になった友人が、
車の映画で興行収入世界第1位になった映画「ワイルド・スピード」の
アドバイザリーボード(顧問委員会)として
活躍している所を見ました。

それを見て奮い立ち、
「友人が世界で活躍しているなら僕ももう一度頑張ろう!」と
レースへの復帰を決意しました。

とはいえ、レースを行うためには莫大な資金が必要です。
普通の仕事では無理だ、けど投資なら実現可能かもしれない!!
そう思いスタートしたのがFXトレードです。

FXトレードは2008年からFXをはじめまして、
紆余曲折あって確立した自身の手法を「ゼロヨントレード」と呼んでいます。

この由来については後でお話するとして、
まず僕の直近のトレード実績をご覧ください。


ゼロヨントレードを確立したことで毎年3,000万円の利益をあげており、
今はもう1度レーサーとして世界に挑戦する道を模索しています。

僕のトレードは手順と見るべきポイントがハッキリ決まっていて、
その通りに確認するだけで上のような取引ができるのです。

では一体どんな手法なのか?
なぜその手法に行きついたのか?
そして僕がセミナーで教えられることは何か?

について今から詳しくお話しますね。

一瞬の成功からの転落・・・
全てはここからはじまりました

たった1週間も持たなかった稼ぎ

僕がFXを開始したのは2008年。
そう、リーマンショックがあった年ですね。

そんな状況でトレードを行う中、
同年の10月24日(金)と27日(月)の2日間で480万円の利益を出せました。

ビギナーズラックはあったものの、
ポンド円が1日に20円(2000pips)も動いた時を狙ったのが功を奏したんです。

FXをはじめてスグにこれだけの結果が出れば、
当然舞い上がってしまいますよね。

「僕の未来は明るいぞ!!!」
と目を輝かせながら喜んでいました。

でも、10月28日の火曜日から一気に暗転します。

まず起こったのは、

業者の約定遅延

例えば、ポンド円を15時00分に150円で売りエントリー。
普通ならクリックした瞬間に約定しエントリーができるはずです。

が、この日は違いました。

「・・・うん?
約定しないぞ・・・」

10秒たっても約定しなかったんです。

相場こそ149円80銭と思惑通りの方向に進んでいました。

昨日まではクリックした瞬間に約定していたはずなのに…
胸の内では「これはおかしい…」と感じて不安が増していくばかりでした。

その後30秒経っても約定せず、
相場はどんどん下がって149円50銭・・・。

でもまだ約定しない。
エントリーを取り消したくてもできない。

結局、一旦戻してきて
149円70銭→80銭→90銭と上がっているものの、
まだ約定しない…。

そして150円10銭のところで「キンコーン」と音が鳴り、
ようやく売りエントリーが約定…思わずその場で損切りをしました。

僕が150円で売りエントリーをしてから
すでに1分以上が経っていました。

その結果起こったのは、

50万円の利益を出せるはずが、結局10万円の損失に…

という恐ろしい事態です。

エントリーから1分以上も約定せず、方向が変わってから約定させる。
操作を疑うぐらい、これはひどいです。(失笑)

その時は初めての出来事だったので、ワケが分からず取引業者に電話しました。

すると・・・

業者「今乱高下が激しいので仕方ないんです」
僕 「でもなんで逆になった時だけ約定させるんですか?おかしいじゃないですか!」
業者「そういう仕組みなので仕方ないです。それでは」ガチャッ

完全に頭に血が上ってしまいました

約定遅延を起こされて損をしたうえ、
業者の対応も投げやりすぎたので、
僕は完全に冷静さを失っていたんです。

「今取り返さなければ!」
「今やらなきゃマズい!」
という根拠のない理由でムリヤリ取引をしてしまったんですね。

相場が落ち着いてから冷静になってやれば良いものを…。

今になって思えば、冷静な判断ができていれば
一旦落ち着くのを待てたのかもしれません。

ただ、2日間で480万円の利益を獲得した経験が気持ちに拍車をかけてしまい
逆にブレーキをかけることができなかったのでしょう。

そして、焦って前のめりになった結果、先に稼いだ480万円どころか、たった1週間で

資金をすべて溶かしてしまいました

そしてここに至って、やっと冷静さを取り戻したのです。

同時にサーッと血の気が引き、
しばらく時が止まったかのような感覚に陥りました。

「やってしまった・・・」
僕が絶望しながら頭を抱えたのは言うまでもありません。

さて、これからどうするか?
選択肢は2つありますよね。

1:FXをやめる

2:イチからやり直す

僕は「レース復帰」という目標があったので後者を選び、
この日以降テクニカルの勉強を猛烈にはじめました。

正確に言えば『聖杯』という名のインジケーター探しですね 

ムービングアベレージ(MA)、ボリンジャーバンド、
RSI、RCI、ADX、ストキャスティクス、MACD、平均足、一目均衡表・・・

たぶん、個人が作成した特殊なモノ以外はほとんど試したんじゃないでしょうか。

もちろんセミナーにも参加しましたし、
寝ても覚めてもずっとFXのことを考えていました。

しかし世の中は甘くなく、
時間をかけたからといって勝てるようにはなりませんでした。

勝てない。本当に勝てない。

でも焦ると今度こそ破滅するので、
根気強くやるしかないと自分に言い聞かせる毎日・・・。

そんなある日、ふと思い付いたんです。

「インジケーターの計算式ってどうなってるの?」

それぞれのインジケーターがどんな計算式でできているのかを、
当時の僕は全く知りませんでした。

インジケーターを何種類も組み合わせ、
コレとコレとがゴールデンクロスしたからエントリー
などという根拠のない手法探しをしていたんです。

振り返ってみれば、勝てなくて当然ですね。

とにかく、そこに気付いてからは
インジケーターの計算式を紐解くのに時間を費やしました。

すると非常に面白い事がわかったんです。

ほとんどのインジケーターは、
ローソク足の始値、終値、高値、安値の4つの情報からできていたんです。

そしてさらに詳細を調べると、

マシンのチューニングと一緒!
インジケーターもバランスが大事!

という事実に突き当たりました。

どういうことかと言うと、例えば

1台の自動車に同じようなエンジンをいくつも積んだとしたらどうでしょうか?

エンジンを4つ積んでそれぞれが1本ずつタイヤを動かす。
一見凄そうですよね。

ですが、数が4倍になったからと言って、単純に速度が4倍になるワケがありません。

では、軽自動車の車体にF1並のエンジンを積んだらどうなるでしょうか?
・・・車体や足回りが耐えきれず、加速と同時に吹き飛んでしまいそうですよね。

では、ハンドルがそれぞれのタイヤに1つずつ、合計4つあったらどうでしょう?
アクセルとブレーキがそれぞれ3種類ずつ付いていたらどうでしょう?

さらに、1つの交差点に信号機が2つも3つもあったらどうでしょう?

1つは青だけどこっちの信号は赤であの信号は黄色で・・・
発進していいのかどうか迷いますよね。

もはやどれをどう操作していいか分からないだけでなく、
車がどこへ行くかわからず行きつく先は・・・

僕が言いたいことは何か、少しずつ見えてきましたか?

そう、同じようなことがFXでも言えるんです。

要するに、

似たようなインジケーターを何種類も入れてしまうと、
かえって複雑になり、どこでエントリーしていいか
わからなくなる

ということ。

僕はインジケーターの計算式を紐解いていくにつれ、
先ほど挙げた例と同じことをやっている現実に気付いたんですね。

表示される情報量が多すぎて、実際は使っている本人も
何がどうなっているか理解できていませんでした。

似たり寄ったりのインジケーターを何個も入れてパラメーターを変え、
この条件とこの条件が揃ったらエントリーという複雑極まりないサインを作る・・・。

当時の僕に聞いてみたいものです。

「必要なサインと不要なサインが同時に出たらどうするの?」と。

まあ答えられないでしょう。
それ以前に、必要なサインと不必要なサインが何か、
正しく分かっていなかったのですから。

よって当時の僕だと、「混乱する」がある意味答えになってしまいますね。

「このインジケーターはこうで、あのインジケーターはこう・・・。
あ、このインジケーターはこうだから・・・。
いや待てよ、こっちのインジケーターはこうだぞ・・・。
えーっと、どうしたらいいんだ!?」

僕と同じように、こんな経験をした人は少なくないはずです。

ならフィルターをかけるのに条件を追加してサインを減らす???
それとも、さらにインジケーターを入れる???

もう一度言います。

ほとんどのインジケーターは、
ローソク足の始値、終値、高値、安値の4つの情報からできているんですよ!

エントリーを明確にするためにインジケーターを入れているのに、
似たようなインジケーターを入れることで混乱してしまう・・・

う~ん・・・本末転倒ですよね。

そのせいで自分が迷ってしまっては元も子もありません。

ただ、僕はレーサーとして車をいじっていた経験があるから、
こういったことに気づけたのかもしれません。

そしてこの気づきのおかげで、
本当に必要なインジケーターを絞ることができたワケです。

これ以降は本当に世界が変わりました。

「もう迷わなくて良いんだ…」

そう思えるようになってからはストレスが軽減されましたし、
何よりもインジケーターをたくさん出していた時に比べて
トレードの精度を上げることができたのです。

もっとも、インジケーターをいくつも入れるのがいけない
と言っているのではありません。

必要最低限の数であることが重要なんです

計算式を理解して、何がどういう動きになっているのかを把握し、
自分の武器として使いこなせないと意味がないどころか、
トレードの邪魔をしてしまいかねないのです。

必要なもの以外は不必要なのですから。

僕がこの事実に気づいてからは、
似たようなインジケーターをドンドン省いていきました。

いわゆる「断捨離」というやつでしょうか。
とにかく必要最小限の構成にまとめる作業に没頭しました。

すると、少しずつ勝てるようになったのです。

加えて、やるべきことが明確になったので、
自分のやり方に確信を持てるようにもなりました。

その後は順調に成果をのばしつつ、インジケーターの研究も引き続き行い、
無駄を省くことで迷う場面も減らしてトレードの精度を高めていきました。

また、トレードを繰り返すうちに

「決まっていることはPCにやってもらおう!」

と思い立ったのです。

トレードには「そういうものだ」と決まっているルールがあります。

もちろん何故なのかといった勉強は必要ですが、結局のところルールはルール。

その決まっている部分では、個人の裁量なんていらないんです。
むしろ個人の裁量は邪魔になるだけでしょう。

ということは、このご時世は本当に便利なもので、
トレードツールを使えば自動でできてしまうんですね。

これが僕のオリジナルインジケーター開発のきっかけで、
完成するまでにイロイロと苦労したお話があるのですが、
長くなってしまうので今は置いておきましょう。(笑)

時間があればセミナーでお話しようと思います。

それはともかく、

完成したツールは一定のルール内で取引できる通貨ペアを自動で算出し、
パッと見て分かるよう表示してくれるオリジナルのインジケーターです。

僕は現在進行形でこのインジケーターを使い、
ストレスも時間もかけずにノビノビと稼げる理想的な環境を実現しています。

僕が再びレーサーになる夢を叶えるための手法。
それが「ゼロヨントレード」なのです。

大量のインジケーターも経済の情報も必要ない!
徹底的にムダを省くのが勝利成功のカギだ!

というシンプルな結論です。

これはインジケーター選定にとどまらず、
ありとあらゆる場面で当てはまります。

特に、私は一生トレーダーとして生きていきたい訳ではありません。
プロのFXトレーダーになりたいわけでもありません。
経済を勉強してアナリストになりたいわけでもありません。

現在はトレーダーを本職にしていますが、
今後はレースをメインに取り組んで行きたいので
トレードに時間をかけたくないのが本音です。

だから、僕は経済の情報を一切集めていません。
ファンダメンタルズは使わずにトレードをしています。

もちろん、「雇用統計はFXトレーダーのお祭り」
ということぐらいは知っています。

ただ、経済の勉強に時間を費やすくらいなら、
レースに時間を費やしたいんですね。

あなたはレーサーではないかも知れませんが、
時間をかけずにトレードしたいという思いはどこかにあるはずです。

それを可能にするにはどうするべきなのか?

要は、本当に必要な情報だけを最短距離でキャッチするということ。

これが必要なわけです。

内容がシンプルであればあるほど情報取得に時間がかかりませんし、
的確にリソースを分配できるうえ、何よりも見落としや見間違いといった
ミスが減りますよね。

となれば、結果に良い影響を与えやすくなるとお分かりいただけるはずです。

また効率よくトレードでき、作業量や作業時間の短縮にもつながります。

ハッキリ言って、チャートとにらめっこする時間なんて
少ないに越したことはないんです。

どれだけ順調にトレードできたとしても、
間違いなくストレスがたまりますから。

とにかく、今の僕のトレードは理想的な環境だと自負しています。

素晴らしいループですよね。

こうして経験を積むと、イレギュラーへの対応力も養われ、
利益を伸ばすだけでなく、損失を防ぐというもう1つの重要な成果もついてきます。

ザルに水を溜めようとする人はいないと思いますが、
いくらお金を稼いでも、失う分を減らさないと意味がありません。

利益を上げつつ損失を最低限に抑える。
これができてはじめてFXで成功する道が開けるのです。

「うん、それは分かるんだけどさ、
ゼロヨントレードは 具体的に何をどうするの?

と思われるかも知れませんね。

そこで今回、僕が現在進行形で使用しているノウハウのすべては・・・

といった知識はもちろん、

などの実践的な内容まで、
本当にゼロヨントレードをスキルとして習得していただくための
投資スクールを開講することにしました。

もちろん上記はほんの一部ですし、
書店に並ぶ教科書で学べるような内容ではなく、
僕が過去の経験から学んだ勝つためのノウハウを余さずお伝えします。

とは言え、いきなりスクールへ入学するのは
さすがに躊躇ってしまいますよね。

僕だってそうですし、
もっと中身を具体的に知った上で判断したいと思うはずです。

なので、スクールの事前説明会を兼ねたプレセミナーを開催し
先ほどご紹介したノウハウをすべてお伝えいたします。

・・・ん?
“すべて”?

じゃあ、スクールとプレセミナーは 何が違うの?

「どっちでも全部公開するなら、スクールはいらないんじゃ・・・」
と混乱させてしまったかも知れませんね。

でも両者には大きな違いがありまして、
同じ内容を教えるにしても、
スクールの方がより深く指導できる特徴があります。

つまり、指導者が自分目線ではなく受講者の目線で、
その人の特徴や問題は何なのか?を詳細に理解し、
その人がわかるよう指導するワケですね。

だから指導者には、
・受講者に足りないものは何か?
・どうすれば解決できるのか?
という受講者の目線で物事をとらえ、キチンと把握する能力が求められます。

この点を踏まえると、ハッキリ言って、
日本には指導者と呼ばれる人がほとんどいません。

それこそ、ただ一方的に伝えるだけ、一方的に教えるだけの
自称指導者ばかりなんです。

でも僕は、アメリカにいた頃にメンタルトレーニングを、
そして日本でティーチングとコーチングを専門的に学び、習得してきました。

海のむこうでは、指導者を養成するプログラムが確立されているのです。

それともう1つ理由があって、
セミナーでは時間の許す限りゼロヨントレードについて解説しますが、
あくまでセミナーという形式の場で伝えられることすべてでしかありません。

手を抜くとかではなく、物理的な限界です。

なので、本心を言えばスクールへ入学し、
僕の指導を直接、徹底的に受けていただきたいと思っています。

とは言え、先ほどお話した通り、
いきなり入学するのは不安しかないですよね。

だからこそ、セミナーの場であらかじめノウハウをすべて公開し、
スクールではこれらの内容をより深く実践的に、
あなた自身の状況に合わせて体得できると理解していただきたいのです。

その上で、もし自力でできそうだと感じたのであれば、
もちろんそれに越したことはありません。

スクールにかかる費用はFXの資金に回してください。

一方で、

「やってみたいけれど、一人でできるか不安だ・・・」
「ホンモノの指導者に教わって確実にノウハウを身に付けたい!」

と思ったのなら、一度スクールへの入学を検討してみてください。

いずれにせよ、ゼロヨントレードがどんな手法なのかを確かめるためにも、
ぜひセミナーを受けていただけたらと思います。

ファンダメンタルなし!
使うのは3つの線と2つのインジケーターだけ!
シンプルだからこそ最短時間で結果が出せる!

今回のセミナーでどういった内容が学べるのか、
一部ではありますが具体的にご紹介したいと思います。

「トレードに割く時間を減らしたい」

そう思うのであれば、まずは各市場のことを熟知した上で
効率よくスマートなトレードができる時間や状況を探らなければなりません。

前のお話ともつながっていますが、
ファンダメンタルなどの分析にはかなりの時間をとられますよね。

削れるに越したことはない手間です。

いっぽう僕は、ファンダメンタルを用いずにトレードを行い、
すでにご紹介した実績をつみ上げてきています。

世間ではファンダメンタルの重要性が叫ばれているものの、
僕が真っ向から否定できる理由を知りたくありませんか?

ぜひ聞いてほしいと思いますし、
ゼロヨントレードを実践するうえでも大切なポイントです。

実のところ、勝率はあまり重要ではありません。

もちろん高いに越したことはないのですが、
もっともっと結果へ大きな影響を与える要素があります。

そしてこの要素さえ押さえれば、
あなたの生活や状況に合わせて自然と勝率の方から歩み寄ってきてくれるのです。

勝てない人のほぼ全員が理解できていない部分でもありますので、
聞き逃しのないようお願いします。

いよいよセミナーの核心部分に入ってきました。

僕のゼロヨントレードとはどういった手法なのか、
まずは導入的な内容をお話していきます。

いかにシンプルで理解しやすいのか分かっていただけるはずです。

でも百聞は一見に如かずと言いますし、
実際にトレードする様子を見てみたいですよね。

これについても、もちろんやらせていただきますよ!

正直に言うと、何人の方に驚かれるか少し楽しみなんです。(笑)

本当にシンプルにまとまっていて、
よく見かける難しそうなチャート画面とは全く違うので。

ただ、こうしたお蔭で僕は勝てるようになりましたし、
作業も短時間で済み、トレードのストレスからも解放されました。

一日中モニターとにらめっこするのか、
ごく限られた時間だけ向かい合うのか、
同じ結果が出るとして、あなたはどちらを選びますか?

ここでは僕のオリジナルインジケーターの優位性を解説します。

・なぜ僕がずっと年収3000万円以上をキープしているのか?
・ほかのインジケーターと比べてどう優れているのか?
・本当にあなたもスグ理解して使いこなせるのか?

などなど、特に詳しくお伝えしたいポイントです。

ゼロヨントレードを支える基盤であり、
僕の実績の原点である「インジケーターの理解」にも繋がることなので、
必ず把握していただきたいと思います。

僕はもともと証券会社に勤めていたワケでもなく、
全くの素人からFXを独学ではじめました。

最初は失敗しかしませんでしたが、
だからこそ今があると実感しています。

また、勝つためのメンタルや考え方を過去のレース経験から学んだので、
他の先生方には教えられない勝負において非常に重要な部分についてもお伝えできるはずです。

あなたも僕と同じように、
諦めきれない夢や理想がありませんか?

またはお金の不安を解消したいといった願いがありませんか?

今回のセミナーでは、そのきっかけと道筋をあなたに提示します。

ですので、少しでも興味をお持ちでしたら、
この機会を逃さずぜひご参加ください。

ムダを徹底的に省いたゼロヨントレードを
知ることが、はたして損失になるでしょうか?

むしろ知らない方が損だと、ノウハウを公開する以上は
言い切らなければいけませんよね。

実際、僕はそれだけの自負を持っています。

さて、下の画像は僕が日ごろ見ているチャート画面のスクリーンショットです。

「え…これだけ?」

と思われるかも知れませんが、正真正銘これだけです。

さらに、僕のゼロヨントレードはシンプルな上に
段階ごとにチェックすべきポイントが明確になっていて、
どうすれば良いか迷うことがありません。

贅肉をそぎ落としたシンプルな手法だからこそ可能な進め方です。

よってメンタルや感情に左右される必要がありません。

逆に、直観でトレードしたい方にはおススメできない
ということになりますね。

いずれにせよ、セミナーでは上のチャートについても解説するほか、
「え、そこまで公開するの!?」と驚いていただける内容となっています。

少しでも興味があれば、ぜひ受講してください。

そしてゼロヨントレードで充実したFX人生を送り、
未来を切り開いていただけたらと思います。

セミナー詳細

セミナー開催日時 2018年1月27日(土) 13:00~16:00
参加費 一般価格19,800円(税別)

初回特別価格
5,000円(税別)
クレジットカード・銀行振込対応

お申し込みはこちら
会場詳細 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
「カンファレンスルーム7C」
東京都新宿区市谷八幡町8番地
TKP市ヶ谷ビル 7階
アクセス
●JR総武線 市ケ谷駅 徒歩2分
●東京メトロ南北線 市ケ谷駅 7番出口 徒歩1分
●東京メトロ有楽町線 市ケ谷駅 7番出口 徒歩1分
●都営新宿線 市ケ谷駅 4番出口 徒歩2分
 ※A4出口ではございませんのでご注意ください。
定 員 50名
※1月25日(木)23時59分で参加受付終了となります

よくあるご質問にお答えします

セミナー当日、パソコンは必要ですか?

実特に必要ありません。ただし、講義中にメモをとるための筆記用具は必ず持って来てください。

また、バッテリー用の電源はお貸しできませんのでご注意ください。

事情により開始時刻に間に合わないのですが、途中参加は可能でしょうか?

はい、途中参加も大歓迎です。

初心者でも大丈夫ですか?

全く問題ありません。むしろ余計な相場の知識が無い方が習得が早いかもしれません。

トレードできる時間が昼間/深夜のみに限られているのですが、実践できますか?

実践できます。そもそもトレードできる時間帯は皆バラバラですので、あなたに合ったやり方を探る意味でも、ぜひご参加下さい。

どのくらいで成果が出ますか?
れは人によるとしか言いようがありません。いずれにせよ、重要なのはムダを省いてメンタルに余裕を持たせることです。このことを意識するだけでも成果が出るまでのスピードは上がると思いますよ。
プレセミナーの返金保証はありますか?
恐縮ですが、今回は返金保証をお付けしておりません。申し込みの前に、セミナー内容、利用規約などをよくご確認いただき、納得した上での受講をお願いします。

レースもFXも、
結局はメンタルにかかっています

レース時も、複雑な作業はどんどん省いて
シンプルにすることで勝てるようになりました。

FXも同じです。

実は、勝てるようになった根本的な理由は、
両方ともメンタルに余裕ができたからでした。

必要な作業がシンプルにまとめられると視野が広くなり、
どっしりと構えられるようになったんですね。

逆に、勝てない時はメンタルがブレてしまい、
小さな判断ミスからすべてが崩れていくことがほとんどでした。

確かに複雑な作業をしながらでもメンタルを維持し続け、
集中力と判断力を切らせない人も稀にいます。

が、そんな人は「天才」とか「怪物」と呼ばれる類です。

・・・わざわざそんな人と同じ道を歩む必要があるのでしょうか?

なにも怠けているのではなく、
自分にできる範囲で最高のパフォーマンスを発揮して
最高の結果を出せば良いと言いたいのです。

僕は天才ではありません。

だから自分にできる範囲のこと、
つまりムダを徹底的に省く道を選んだのです。

その結果、ゼロヨンでは全日本チャンピオンとなり、
世界タイ記録をマークし、全米のレースで準優勝するなどしました。

FXの世界では、現在の手法を確立してから
毎年3,000万円の利益を残し続けています。

もちろんそのための努力は必死でしました。
努力ナシで結果なんて出せません。

ただ、必要なモノだけを残すやり方のおかげでメンタルに余裕ができ、
それが集中と判断を鈍らせないことにつながり、
確かな実績をつみ上げられたのは紛れもない事実です。

そして今の収入に悩み、FXで人生を変えたいと思っている人の大半は
僕と同じく天才ではないはずです。

だったらシンプルさを目指した方が、
より早く、より確実に成功をおさめられるとは思いませんか?

このセミナーをきっかけに、
お金の悩み、トレードの悩みを
きれいさっぱり解消してください

最終的にあなたがスクールへ入学するかどうかに関わらず、
プレセミナーの内容はひとつの転機になるでしょう。

なので、

FXも同じです。

といった思いを抱いているのであれば、
この機会を逃さず参加してください。

次回開催は未定ですし、
会場の定員には限りもあります。

繰り返しますが、プレセミナーを受けたからといって
スクールへ入学する必要は全くありません。

そんな形のご縁は僕だってカケラも望んでいないので、
まずはゼロヨントレードの中身をすべて把握してから
どうするか吟味していただければ幸いです。

最後に
〜私がFXを教える理由..ぶっちゃけます!〜

こうして僕がFXを教えようと思った理由は
色々とあるのですが、その中でも一番の「きっかけ」となった理由を
隠しても仕方ないのでぶっちゃけてしまおうと思います。

私はレーサーへの復帰という夢を叶えるために
講師といった立場に立たなければいけなくなったんです。

というのも、年間3,000万円では
目標を達成するためには資金が足りないんです。

ですが、今の僕には、
どうしても3,000万円という限界があります。

この限界というのは、
私自身のメンタルの限界でもないですし
この手法の限界が年間3000万までという訳でもありません。

もちろん、資金といった理由ではありません。

この3,000万の壁というのは現在メインで使用している
証券会社の取引枚数の「流動性」が関係しています。

実は…約定させようと思った価格が滑るのは「流動性」が原因

この流動性というのは分かりやすく簡単に言うと
「好きな時に交換ができるかどうか」ということになります。

よくエントリーするときや決済するときに
「滑った」という話を耳にすると思います。

取引枚数が大きくなればなるほど滑りやすくなります。

恐らく証券会社の嫌がらせだと
思われている方もいらっしゃると思います。

もちろん、証券会社によってはその場合もあります。

ですが、正真正銘ちゃんとしている証券会社であれば
「流動性」が関係しているんですね。

(この辺りの証券会社の実態については 
 直接お会いした時など別の機会にお伝えしますね。^^)

・買い手がいるから売れる
・売り手がいるから買える

実はコレと同じようなことがFXの世界でも起こっています。

証券会社と契約している銀行数が関係していますが
枚数が大きくなれば大きくなるほど
買い手や売り手が少なくなってしまいます。

結局、取引量の多い価格帯まで滑ってしまい
自分が理想としている値段では取引できなくなって
しまうわけなんですね。

これは「板」というもので確認できるのですが
ここも詳しい話はお会いできたときにでも
ご説明できればと思います。

要するに、何が言いたいのかというと、
銀行のカバー数が多く、今より多い枚数でも
狭いスプレッドかつ滑らないように取引できる
証券会社で取引する必要がある

ということです。

現在使用している証券会社では
狭いスプレッドかつ滑らないように取引するには1回の取引では
通貨ペアによりますが大体50万~60万通貨くらいなのです。

手法は完成しているので
「1日の獲得pips数を数百pipsまで大幅に伸ばす!」
などといっても限界があります。

できたとしても、それは投資ではなく
もはや、ギャンブルになってしまうでしょう。

すでに年間3000万円を稼ぐ手法として苦労して構築したこともあり
現段階では今の状態が投資としてベストだと思っています。

であれば、枚数を上げるしかないのですが、
もっともっと多い枚数でも滑らずに
流動性が高い証券会社で取引する必要があるわけです。

ということで、

現在、より流動性の高い証券会社に相談したのですが、
取引するために出された条件が何点かありましてそのうちのひとつが…

同じノウハウで他にも稼いでいる人が必要

というものでした。

正確に言うと『1年間の講師としての実績』が
必要ということなのですが、私としては

自分以外にどれだけの人を稼がせているか?

ということだと考えています!!

私のノウハウを使って稼いでくれる人が必要になったのが
手法を伝えていこうと思うようになったきっかけなんですね。

ちなみに、、、

単純にFXで3000万の利益上限を突破させる
ということであれば方法が他にもあるかもしれません。

ただ、これはきっかけの話なので、
講師として登壇することを決めたのは他の理由もあります。

それは、トレードをする上で大切なことなので
セミナーの中でお話しさせていただきます。

もちろん、ゼロヨントレードをお伝えすることで
稼いでもらえるようになるには自信を持っています。

ただ、苦労して開発したノウハウとインジケーターですので、
誰でも彼でもお渡しするつもりはありません。

私と同じように、
夢や目標達成を金銭的な理由で我慢している人にお伝えしたいのです。

・やりたいことを我慢している・・・

というのはもちろん、

・収入の関係で普段から家族に我慢させている…
・子どもの進学にはお金が足りず奨学金に頼りそう…
・将来的に貯金も年金も期待できず今から節約しないと・・・

といったことなど、とにかくお金に悩んでいるからこそ、
あなたはこのページをここまで読んでくださっているはずです。

そんなあなたに、あえてお聞きします。

人生はたった一度きりなのに、
我慢の連続で良いはずがないと思いませんか?

僕は、自分と同じような境遇の方に学んでいただき、
将来的には夢を応援し合えるコミュニティが作れれば良いなと思っています。

あなたが夢を実現させることは、僕が夢を実現させることでもあるんです。

そして稼いだ際には1万円でも良いので、
僕がレースに出るときスポンサーとして出資してくださいね。(笑)

冗談は置いておいて、こういった理由がありますので、
生徒さんには徹底的に稼いでもらわなければいけないのです。

ただし、、、

この機会が過ぎたら、
僕はいつまで教えられるか分かりません

FXの弟子ができ、しっかりと稼がせて、
僕自身も年収3000万円の壁を越えた実績を作ったら、 僕はレースの方にも戻る予定です。

夢は実現させてこそなので。

よって、僕が直接教えられる機会は今回だけかも知れません。

レースに参戦するようになれば、
とてもじゃないですが直接教えるなんてことはできなくなります。

となれば、ゼロヨントレードは二度と公開されない、
知る人ぞ知るノウハウになってしまう可能性が高いです。

なので、「今回は見送って、次あたりに考えようかな」と
考えられていては、FXで成功する未来を逃してしまいかねません。

煽っているワケではなく、ただ事実をお伝えしているだけです。

いずれにせよ、ゼロヨントレードの詳細に少しでも興味があるのなら、
ぜひ最速で夢をかなえるために学びに来てください。

それでは、セミナー当日にお会いできるのを楽しみにしていますね。
最後までご覧いただきありがとうございました!